挨拶

二次会の挨拶で新婦の出番は必要?スピーチする場合のコツも

結婚式や二次会は
夫婦を代表して新郎がやることが
多いと思いますが
新婦がしちゃいけないわけでもありません。

むしろ新郎新婦から
挨拶があると
丁寧に感じ良い印象です。

新婦友人は新婦の挨拶で
盛り上がってくれたり
あまり新婦を知らない新郎友人も
新婦のことを知ってくれる
チャンスになります。

今回は新婦が挨拶することに
ついてまとめていきます。







二次会で新婦が挨拶する場面は必要はある?

基本的に新郎が
代表してやることが
多いだけで新婦の挨拶が
必要ないということは
決してありません。

先ほども言ったように
新婦友人は新婦の話を聞くのを
楽しみにしている方もいるし
新郎友人も新婦を
もっと知るチャンスになります。

ある意味緊張を解きほぐすのにも
あえてみんなの前で話をすることで
二次会をより楽しめることに
なるかもしれません。

二次会で新婦の挨拶を入れられるシーンはどこ

あまり見かけない
新婦の挨拶ですが
やるならどのタイミングが
いいのでしょうか。

ここからはシーン別で
お伝えします。

また新郎の挨拶についても
例文などをまとめた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会の新郎挨拶!最初のスピーチから最後の締めまでの文例

ウェルカムスピーチ

やはり男性が代表をして
挨拶をすることが多いので
始めは新郎で次に
新婦の挨拶が良いでしょう。

新郎には期待が寄せられることが
多いですが新婦の話は
リラックスして聞いてくれることが
多いです。

そこでウェルカムスピーチの
きちんとした挨拶は始めに
新郎に任せておいて
その後、披露宴のエピソードなどを
多めに新婦が会場が和むような
挨拶をすることですんなり
二次会を盛り上げることができます。

最後の締めの謝辞

これもウェルカムスピーチと同じように
最後は新郎にビシっと決めてもらいましょう。

なので謝辞は先に
新婦がするのが良いでしょう。

二次会の感想と感謝の気持ちを
できれば自分の言葉で素直に伝えます。

新郎ほど期待はされずに済むので
素直に笑いなど取らなくてもいいので
気持ちをぶつけることで
相手にしっかり届きます。


Sponsored Links




二次会での新婦の挨拶!スピーチのコツを解説

新婦が挨拶をすることは
ゲスト自体も
珍しいと感じる方も多いです。

しかし珍しい分
自分の言葉で
感謝の気持ちを伝えたい
という思いは必ずゲストに届きます。

できれば新郎よりもラフな文章で
その場で気持ちや感想を伝えられると
よりゲストに届きます。

新郎がビシっと決めてくれるのを
信じて自分の思いをプレッシャーなど
感じることなく話しましょう。

しかしまだ新郎の挨拶があるので
あまり長すぎず手短に済ませましょう。

二次会中の挨拶で良い妻の印象アップする方法

新婦らしい気遣いをしましょう。

割と新郎の方がガチガチに
なっていることが多いです。

冷静になって一度全体を見渡し
緊張を解きほぐしてください。

緊張続きの結婚式が終わり
今ここで気心の知れたゲストばかりと
一緒に二次会を開けて本当に嬉しい
いう気持ちはゲストも同じです。

そういったリラックスして楽しもうね!
という思いを伝えてあげましょう。

新郎側のゲスト・友人への感謝の挨拶

新郎側の友人は
この日初めて会った方も
いたりしますよね。

好感度は下げたくないのは
誰もが思うことです。

一番はあまり深く掘りすぎず
当たり障りのないようにすることです。

例えば

○○の妻になりました□□です。
以前から皆様との楽しい思い出話は
いつも聞いていました。

 

皆様それぞれお忙しいと思いますが
家庭を持ったからといって
遠慮せずにこれからも○○と
仲良くしていただけると幸いです。

 

今日はお会いできて嬉しかったです。
来ていただいてありがとうございました。

 

などとこれからも新郎との
付き合いよろしくお願いします。

という旨を伝えると
良い印象を与えることができます。

最後のお見送り時のお礼の挨拶

お見送りの時は
プチギフトを渡したりするくらいで
あまり長く話すことはできません

手短に今日はありがとね!
また遊ぼうね!くらいが
一般的です。

役割を引き受けてくれた方には
なにかお礼の品があれば渡したり
後日打ち上げや感謝の食事会を
開催するなどを伝えられると
また楽しみを作ってもらえるきっかけになります。

お見送りの際に必要な
プチギフトについても
まとめた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会のプチギフト!おしゃれで安いおすすめ商品ランキング

まとめ

いかがでしたか?

今回は新婦が挨拶をする場合の
シーンやポイントを
お伝えしました。

あまり式中にゲストに
自分の言葉で思いを
伝える機会が少ない新婦ですが
もし挨拶をされるのであれば
少ない機会を活用し
しっかり気持ちを伝えましょう。

ゲストも新婦の話は
あたたかく聞いてくれる方が多いです。

プレッシャーなどは感じず
女性ならではの温かな
挨拶ができると会場も
温かな雰囲気に包まれますね。

他にも二次会について
知っておきたいことを
まとめた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会の花嫁ドレスはカジュアルが素敵!おすすめコーデ紹介

⇒二次会の髪型!簡単にできるロングヘアの花嫁アレンジとは?

二次会というラフな場だから
伝えられる思いも
必ずあります。

日ごろからの感謝の気持ちを
この大切な日を使って
しっかり伝えましょう。