余興・司会・お礼

二次会の幹事!お礼の相場から人の決め方・依頼の方法まで

二次会をやるにあたって
幹事をお願いしますよね。

しかし幹事の役割は多く
お願いするのも
申し訳なくなってしまいます。

幹事の方には忙しい中
準備を行ってもらうので
相応のお礼というものが必要になります。

そこで今回は
幹事へのお礼について
詳しくお伝えしていきます。

二次会をやるうえで
特に悩みがちな問題なので
是非参考にしてください。







二次会の幹事へのお礼について詳しく解説

先ほども説明したように
二次会の幹事は準備が多いです。

事前準備から当日の進行
最後の片付けなど忙しく
特に働いているような方に
お願いするのであれば
ただでさえ忙しい中
時間を縫ってやってもらうことになります。

それ相応のお礼というのも
形は様々でお礼の品を渡す場合と
現金を直接渡す場合
打ち上げのような形で
食事会を行ったりする場合もあります。

二次会受付のお礼について
詳しく書いた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会受付のお礼の相場を調査!渡すのは現金・品物どっち?

お礼の金額相場

お礼の品の金額相場は
3000円から5000円程度です。

幹事の人数が少なく
1人当たりの役割負担が
大きかった場合は1万円程
渡すのが相場です。

お礼は現金とプレゼントどっちが正解

お礼は現金でもプレゼントでも
間違いではありませんが
私の経験上からいくと
現金は生々しいというか
額がはっきりとしてしまうので
プレゼントの方がオススメです。

プレゼントやハネムーンのお土産
新居やどこかで食事をごちそうするなどが
手元や思い出にも残りいいでしょう。

お礼のタイミングはいつ渡す?

お礼のタイミングとしては
当日に用意しているのであれば
二次会が終わってから片付け後など
渡すのが1番いいですが
後日渡すにしても
1ヶ月以内に渡しましょう。

なかなか会えない場合は
住所がわかれば渡しに行くや
郵送でも大丈夫です。
郵送の場合は手紙を添えましょう。

幹事へのお礼なし!実際の反応は

幹事の方へお礼をしないと
意図的にする方は少ないです。

渡すことを知らなかったという方も
多くなってきている時代です。

しかし幹事からすると
頑張ったのにと思ってしまいがちで
自分たちの幹事っぷりが良くなかったのか
と考えてしまう方もいます。

できればこの記事を読んで
幹事にお礼を渡すことを知った方は
お礼の品を用意してください。


Sponsored Links




二次会の幹事の決め方&依頼の方法を紹介

二次会の幹事をお願いしたいと
思う方が初めから決まっているのであれば
その旨を早い段階で伝えておきましょう。

お願いすることなので
できれば直接会って伝えてください。

決めた方として
何度か幹事経験がある方
二次会への参列経験が多い方
ウエディング系の仕事をしていたり
学校に行っていた方などが安心できます。

特にそういった方がいない場合は
新郎新婦をよく知る方
盛り上げ上手な方
企画運営が得意な方であれば
快く受けてくれると思います。

また二次会の招待状について
詳しく書いた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会招待状の文例を紹介!メールやラインの時はどうする?

幹事に必要な人数とその役割とは

幹事に必要な人数は
最低でも3人以上です。

スムーズに進めるためには
受付が2人
進行が1人は必ず必要です。

そのほか誘導する方や
全体の管理や音出しなど
細かくあり、会場によっては
ある程度会場スタッフがやってくれる
こともありますがあまり頼りすぎず
1人当たりの負担が大きくならないよう
5人以上にお願いすると
準備も役割分担して進められます。

他にも乾杯や余興を
お願いする場合に
知っておきたいことを
まとめた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会の乾杯は誰に頼む?依頼のマナーやお礼の相場も解説

⇒二次会の余興のお礼!金額の相場や渡すタイミングも解説

やることが多い幹事の二次会会費!受け取るor受け取らない

事前準備も忙しい幹事ですが
これまでの準備を発揮する当日は
特に忙しいです。

ゲストより早く会場入りし
準備、受付などを始め
二次会中もバタバタし
最後はお見送りから片付けまで行い
新郎新婦より大変な幹事さんです。

会費を集めるのも幹事ですが
その幹事から会費は頂かない場合が多いです。

幹事も役割があり
他のゲストと同じように
楽しんでいられる時間は少ないので
会費はもらわないことをオススメします。

それもお礼の一環であると考えます。

⇒二次会会費の相場はいくら?決め方や男女差についても調査

二次会幹事を誰にも頼めない!対処法は

二次会の幹事は
やることが多いことはわかっているので
仕事が忙しい方は
断られることも珍しくはありません。

お願いしようと思っていた方が
ダメになりどうしようと
焦ってしまう気持ちもわかりますが
近年では新郎新婦が全てやったり
二次会代行サービスなどがあり
友人に負担をかけず
二次会を楽しんでもらうことも
主流となってきています。

幹事なし!新郎新婦が司会までこなすケースも

ゲストの人数がとても多い場合は
大変かもしれませんが
新郎新婦が司会まで行う
本人たち主導の二次会も増えつつあります。

主役が喋ることで
注目度も高まり盛り上がります。

会場のスタッフさんのサポートは
特に必要になると思うので
会場決めの時点で幹事を自分たちでやると
決めていた場合は早めに伝え
お手伝いしてくれる会場を選びましょう。

また司会をプロにお願いする場合に
知っておきたいことを
まとめた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会の司会をプロに依頼!金額の相場や利用の流れを紹介

幹事の代行サービスが便利

今ではテレビCMも流れるくらい
二次会の幹事代行サービスは
利用する方が多くなってきています。

新郎新婦と直接打ち合わせをして
練っていきプロにお任せすることで
楽しく盛り上がる二次会を
確実に作ることができます。

友人にお願いするより
お金はかかってしまいますが
失敗しない二次会にするには
プロに頼むのが一番いいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

二次会の幹事はとても役割が多く
忙しいです。

お願いするのがどうしても
申し訳なく思ってしまうのであれば
自分たちでやるなり
代行サービスを利用するのもありな時代です。

友人にお願いするのであれば
今後の関係の為にも
お礼はするようにしてください。

また二次会の演出や景品など
ゲストに楽しんでもらうために
知っておきたいことを
まとめた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会の演出でよかったものは?口コミ人気のアイデアを発表

⇒二次会の景品!もらうと嬉しい&価格が安い品物TOP10

心のこもった素敵なプレゼントで
幹事をやってよかったなって
思わせるくらいお互いに
いい思い出になるようにしてくださいね!