マナー

二次会の断り方!メールの例文や無難な欠席理由も一覧で紹介

二次会に招待されても
断らざるを得ない状況に
なってしまうこともあります。

しかし二次会に行くことが
少し面倒に思ってしまうという
方も多くいるのが事実です。

今後付き合いが切れないよう
上手く断るにはどうしたらいいのか
今回は例文も含めてお伝えします。







例文紹介!メール・ラインでの二次会の断り方

近年では二次会の招待状は
メールやラインになり
簡単に出欠が取れるようになりました。

しかしその分手紙とは違い
相手とのやりとりが簡単にでき
断りづらい環境になっています。

そこでここからは当たり障りなく
二次会を欠席する文章の例文を
3つ紹介します。

他にも二次会の招待状の
返信について詳しく書いた
記事があるので参考にしてください。

⇒二次会招待状の返信メッセージの文例!欠席の場合の書き方も

例文1

結婚おめでとう。
二次会に招待してくれてありがとう。

どうしても当日都合がつかず
参加できなくて残念です。

落ち着いたら新居に遊びにいかせてね。

親しい友人へ送る場合の例文です。

どうしても都合がつかない
というのは行けない理由が
ハッキリしてない分
断る側はうやむやにできますが
断られた側は何だろうと疑う方も
もしかしたらいるかもしれません。

例文2

ご結婚おめでとうございます。
お招きいただきありがとうございます。

残念ですが、諸事情のため
欠席させていただきます。
お二人の幸せを心よりお祈りしております。

こちらは目上の人に送る例文です。

より丁寧な文章ですが
諸事情という言葉を使って
上手く誤魔化しているので
これも疑う方がいるかもしれません。

例文3

ご結婚おめでとう。
せっかく誘ってもらったのですが
残念ながら出張と重なるため行けません。

今度ゆっくり食事をしながら話そう。
末永くお幸せに。

こちらは親しい友人用ですが
断る理由を仕事にしています。

仕事にすることで信用性を上げ
どうしても来られない感を
出すことができます。

結婚式は参加で二次会のみ欠席の場合の断り方

披露宴に引き続き二次会も
お招きいただきありがとうございます。

結婚式当日は早く帰らなければ
いけない用事があるため
今回は欠席とさせていただきます。

披露宴ではたくさんお祝いさせてください。
お二人の晴れ姿楽しみにしています。

結婚式は行けるけど
二次会の時間は予定があるよ
ということを簡潔に伝えます。

結婚式は参加するから
楽しみにしてる旨を伝え
フォローします。


Sponsored Links




二次会の断り方で無難な欠席理由とは

二次会を欠席したい場合は
まず断り文句を考えますよね。

しかし嘘がバレるような
文章にしては友情関係にもヒビが入る
こともあるのでオブラートに包み
丁寧にお断りしましょう。

友達の二次会の場合

友人の場合ではできるだけ
仕方がないような断りを
入れるようにしましょう。

仕方がないのは仕事関係です。

どうしても仕事の都合が合わない
その日は大切な会議があるなど
どうしても行けないことを伝えます。

職場の同僚など仕事関係の二次会の場合

仕事関係の人に
仕事関係の嘘は通用しません。

なので他に二次会に先に呼ばれていたり
大切な約束があるなどとし
先約がある
どうしても都合がつかないなど
内容は濁しながら断りを入れましょう。

出欠連絡後にやっぱりキャンセルしたい場合の断り方

直前になり風邪を引いてしまったり
仕事でどうしても行けないという
こともしばしばあります。

一度出席と言ってしまって
やはり欠席の場合は
できるだけ本当の理由を言いましょう。

しかし金銭的なことや
身内の不幸などマイナスなことは
できるだけ言うのを避けてください。

その場合はどうしても外せない用があるや
仕事を理由にしましょう。

本当に申し訳ないと言う気持ちを
しっかり込めて送ると
しょうがないかと思ってもらえます。

気まずくなりたくない!二次会欠席後のフォロー方法

二次会を断ることで
友情に亀裂が入るのではと
心配になる気持ちもわかります。

しかし断りの連絡の際に
一言添えると感じ悪くならず
断ることができます。

行きたかったけど行けない
本当に残念でならない
と言う気持ちを文章に込めます。

そして最後に
また一緒にご飯行こう
落ち着いたら新居に遊びに行かせて
などとまた会おうねと言うことを伝えます。

そうすることで
相手はまだ自分と仲良くしてくれると
思えるので疎遠になったりはしません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は二次会の欠席の
連絡について例文などを
まとめて紹介しました。

二次会の出欠は今では
簡単に取ることができます。

しかし断るときも簡単に
ごめん、行けない
ではなく丁寧に伝えることで
今後のお付き合いに響きません。

より丁寧に申し訳ない気持ちを
相手に伝えることで
仕方なく欠席なんだと思ってもらえます。

できれば本当の理由を素直に
言うことが1番いいですが
難しい場合は自然によくあるような
無難な理由を使い連絡をしましょう。

また二次会のお金に関する
マナーについて詳しく書いた
記事があるので参考にしてください。

⇒二次会でのご祝儀の渡し方!金額相場やご祝儀袋の包み方も紹介
できれば二次会も参加できるといいですが
やむおえない場合は失礼の無いように
今回の例文などを参考にし
断りの連絡をしましょう。