流れ・相場

二次会の人数の平均は?ゲストの招待範囲や決め方を徹底解説

結婚式と二次会では
呼ぶ方も違うと思いますが
どのくらいの規模で
どこまでの人数を呼んだらいいのか
迷いますよね。

二次会には親族を呼ぶ方は
少ないですが友人や
会社の方はどうするのか
初めてだとわかりません。

そこで今回は二次会の
平均人数や招待範囲を
お伝えしていくので
参考にしてください。







二次会の招待人数の平均!相場を調査してみた

結婚式の二次会は友人がメインで
呼ばれ披露宴とは違い
ラフな感じで行われるのが
一般的です。

親族でも年齢が近いいとこや
兄弟などを呼んだり
会社の方でも上司ではなく
仲のいい同僚や同期を
呼んだりします。

呼ぶ人数にはバラつきがありますが
おおよその平均人数は50名程度です。

二次会と結婚式で人数が多いのはどっち

これもやり方によって様々です。

結婚式は親族のみの家族婚にして
友人はみんな二次会からという方も
増えてきていますが
披露宴も大勢呼んで
更に友人を追加して二次会を行うかたも
以前と変わらず多いです。

なので披露宴より二次会の方が
人数が多くなることがほとんどです。

二次会ゲストの決め方!招待範囲はどこからどこまで

先ほどもお伝えしましたが
二次会は友人などの親しい人が
中心で上司や親族は呼ばない
傾向にあります。

披露宴にまでは呼ばなかったけど
来てほしいと思った方
呼ぼうか迷った方を中心に
友人を披露宴より増やして
行うことが多いです。

他にもゲストの招待について
書いた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会招待状の文例を紹介!メールやラインの時はどうする?

⇒二次会会費の相場はいくら?決め方や男女差についても調査


Sponsored Links




二次会で人数合わせは必要?人数差の許容範囲

二次会では予算をたて
会費で二次会費用を賄う方が多いです。

そうするのであれば
人数は多い方が自分たちの負担金は
減るので人数は多い方が良いでしょう。

二次会はビュッフェ形式が多く
人数ぴったりで料理を出すわけではないので
多少の人数のズレでは問題ありませんが
用意する料理数より5人以上
増えるようであれば少ない印象を
与えてしまうので変更するように
してください。

人が集まらない!人数が少ない場合の問題点とは

二次会は準備がギリギリに
なることが多く既に予定が入っていたり
なかなか人が集まらず
苦戦する新郎新婦さんが多いようです。

人数が少ないのが事前に
わかっているようであれば
小さめの会場を選べばいいですが
多い予定で少なくなってしまうと
会場がスキスキで寂しく感じてしまったり
自己負担金が増えてしまいます。

また人数が少ないと
貸切できる会場が
限られてしまいますが
ゲストひとりひとりが
ゆっくりと過ごせるという
メリットもあります。

二次会会場の予約時点で人数確定は必要?

二次会会場をどの時期に
決めるかによって変わってきますが
式3カ月前以内に会場決めを行うのであれば
ある程度ハッキリとした人数が
わかると決めやすいです。

料理数などの人数確定は
大体の会場が10日前までに行います。
なのでそれまでには
確定の人数を決めておきましょう。

会場選びについて
詳しく書いた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会会場の選び方!開催できる場所の種類や予約方法も紹介

会場の最低必要人数に足りない時の対処法は

会場には最低人数といって
この人数を満たしてくださいという
基準になる人数があります。

会場に対して少なすぎる人数くらいで
最低人数は組まれているので
人数に見合った会場を探していれば
問題はありません。

突然人数が減ってしまった場合などは
会場側に話してみて
同じ会場の別の小さな部屋を
使わせてもらうなどして
対応しましょう。

また二次会の時間を短くし
次の日仕事の方や
終電がなくなってしまう方の
負担を減らすことで
来てくれる方が増える傾向にあります。

まとめ

いかがでしたか?

二次会は披露宴と違い
ラフな感じで行なうものなので
同窓会に近い雰囲気があり
目上の人を呼ぶ方は少ないです。

それによって誰をどこまで呼ぶのか
迷う方が多いと思いますが
人数は多い方が新郎新婦の
負担金は減るので迷っているのであれば
呼んであげましょう。

他にも二次会の役割について
書いた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会の幹事!お礼の相場から人の決め方・依頼の方法まで

⇒二次会受付のお礼の相場を調査!渡すのは現金・品物どっち?

役割がある方には
それ相応の対応が必要ですので
気を付けてお願いするようにしてください。