流れ・相場

二次会会費の相場はいくら?決め方や男女差についても調査

二次会をやると決まったら
予算設定は必ず行います。

しかし会費はいくらくらいが
いいのか平均はいくらなのか
迷うところですよね。

二次会の会費を設定するにあたって
二次会費用の全体的な相場を
知っておく必要があります。

そこで今回は
二次会の準備で特に迷うポイントの
会費設定について相場も合わせて
詳しくお伝えするので参考にしてください。







二次会の会費!一般的な金額の相場を紹介

二次会は披露宴と違って
ご祝儀ではなく会費ということで
列席者からお金をいただき
運営することが多いです。

二次会の会費の一般的な金額は
6000円〜8000円程度です。

全員一律で同じ額にしたり
男女に分けたりする方が多いです。

また会場選びについて
詳しく書いた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会会場の選び方!開催できる場所の種類や予約方法も紹介

新郎新婦の自己負担は必要?金額の相場とは

全体の人数にもよりますが
新郎新婦の自己負担が発生する場合があります。

基本的には会費内で賄えるのが
ベストですが内容によっては
景品や会場費など
先に払う金額も含めて自己負担が
平均3万円〜8万円程度までかかります。

二次会会費の決め方!選択肢とその考え方を解説

二次会の会費の決め方として
食事代プラス1000円〜3000円です。

食事代は会場によりますが
4000円〜5000円が平均なので
会費は5000円〜8000円が
基本になります。

決め方としては
相場通りの会費にし
新郎新婦ではみ出た分を
自己負担する場合と
二次会の内容を決めてから
会費を設定する場合があります。

どちらも内容によっては
自己負担かゲスト負担が
多くなる可能性があります。

他にも二次会の平均招待人数について
詳しく書いた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会人数の平均は?ゲストの招待範囲や決め方を徹底解説

実際に二次会にかかる費用の内訳

会場も決めて料理も決めたら
大体の金額は出てきます。

会場費、料理代×人数、景品、衣装など
もろもろ含めて30万以上が
二次会全体にかかる金額です。

二次会会費の男女差!差額の決め方とは

二次会の会費で最も多いのが
男女によって会費が違うパターンです。

男性の方が多く食べ多く飲む場合が多いので
女性よりも男性から少し多く
会費をいただくようにする方が
増えています。


Sponsored Links




二次会会費の気になる疑問まとめ

ここまで二次会の会費について
お伝えしてきましたが
初めてで分からないことが
たくさんあると思います。

そこでここからは
みなさんが思う疑問について
お答えしていきます。

幹事・受付・司会など役割があるゲストの会費について

二次会では幹事や受付、司会など
役割をお願いしているゲストも
いると思いますが
こういった役割も事前準備が必要で
結構大変なんです。

そこでやってくれてありがとうの
意味も込めて会費をいただかない
という場合がほとんどです。
そして改めて軽くお礼の品を渡したり
自宅に招いたり食事に誘ってご馳走したり
感謝の意を伝えましょう。

二次会でも役割について
詳しく書いた記事が
いくつかあるので
参考にしてください。

⇒二次会の幹事!お礼の相場から人の決め方・依頼の方法まで

⇒二次会の司会をプロに依頼!金額の相場や利用の流れを紹介

新郎新婦分の会費について

新郎新婦分の会費は
特に払う必要はありません。

会費で賄えるようであれば
それが一番いいですが
自己負担が必要な場合は
そこに自分たちの食事代も
含まれていると考えてください。

ゲストが突然の欠席!キャンセル料について

ゲストが突然欠席になった場合は
ゲスト本人には
キャンセル料は発生しませんし
請求もしないでください。

基本的に二次会の料理はビュッフェなので
多く食べる方がいれば
余らずに済みますし
きっちりの人数ではなく
ある程度の人数で料理を用意する事が
多いので料理の心配は必要ありません。

予算を会費分でキッチリ考えていた場合は
欠席になった人数の会費は
新郎新婦で負担してください。

お金が余った場合の対処法

会費内で二次会ができ
さらにお金が余るようであれば
幹事さんや役割のある方に
お礼の品をグレードアップして渡したり
当日よりも前にそれがわかるようであれば
景品などゲストのために使ってください。

まとめ

いかがでしたか?

二次会の会費は会場や
進行内容によって変わりますが
高すぎると失礼にあたるので
しっかり考えながら
決めてください。

ある程度は自己負担がでるかもと
余裕を持って考えていくと
悩まず妥当な金額設定ができますよ!

また二次会の招待状について
詳しく書いた記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会招待状の文例を紹介!メールやラインの時はどうする?

会費を決めるのは
難しいポイントですが
迷いすぎずゲストの
負担になりすぎないように
しましょう。