服装

二次会の服装!男のカジュアルコーデはどんな着こなし?

二次会に呼ばれると
とくに迷うのが服装です。

男性は特にカジュアルやフォーマルの
アレンジが難しく
悩む方も多いと思います。

しかし二次会なのでカジュアルで
おしゃれに思われるような服装で
マナーを守った服が知りたいですよね。

そこで今回は男性が二次会で
着ていくカジュアルスタイルについて
詳しくお伝えします。







二次会の男の服装!カジュアルなスーツの着こなしを画像で紹介

実は二次会の服装というのは
決まりはありません。

しかし結婚式はフォーマルな
祝いの場ということで
その延長戦でカジュアルな
フォーマルを着ることが
暗黙のルールとなっています。

そこでおすすめのスーツスタイルが
先ほどの写真のような格好です。

最も人気なのが
グレースーツです。

グレースーツでネクタイオフの
カジュアルに着こなすのが
人気のスタイルです。

二次会の服装!メンズカジュアルコーデをアイテム別にチェック

二次会の服装は
カジュアルではありますが
スーツが基本です。

会場の雰囲気やNGアイテムを考え
着るスーツを決めなければいけません。

ここからはアイテムごとに
細かくチェックしていきます。

スーツ

スーツスタイルが基本ですが
結婚式はお祝いの場なので
NGなアイテムがあります。

まず基本的なのは
主役より目立ってしまう
白いスーツや派手な色のスーツは
避けましょう。

そして不幸なことを連想する
アニマル柄はNGです。

黒や紺色、グレーなど
落ち着いた色味
相応しいです。

無地は会場を選ばず
スタイリッシュになりますが
チェックやストライプも
カジュアルでお洒落になります。

シャツ

どんなものにも合わせらえるのは
白の無地です。

カジュアルな会場であれば
ブルーやパステルカラーなどが
華があります。

また無地のスーツには
ストライプやドットなど
柄のあるシャツもカジュアルダウンします。

ネクタイ

結婚式などの祝いの場では
白やシルバーが基本です。

二次会ではカジュアルで
華があるスタイルが人気なので
柄ものやピンクなどもデザインも
人気があります。

またおしゃれになるのが
蝶ネクタイです。

ポケットチーフ


基本的にポケットチーフは
ネクタイの色味と
合わせ統一感を出しましょう。

なのでビビット過ぎる色だと
ネクタイとポケットチーフで
かなり派手になります。

また折り方を工夫して
おしゃれに見せるもの
ポイントです。

小物

小物というと
ネクタイピンやカフス
ベルトなどを指します。

ネクタイピンは
きちっとしたイメージがありますが
デザインによっては
遊び心がありVラインを
華やかに見せることができます。

ベルトもシンプルな色味が
基本ですがバックルなどに
ブランドのロゴなどが
あしらわれていると
着ているスーツもグレードが
上がる気がしますよね。

しかしバックルが大きすぎるものは
NGアイテムなので注意しましょう。


Sponsored Links




二次会での男の服装は洋服だとマナー違反?NGな服装とは

二次会だからといって
カジュアルすぎるのも
マナー違反となります。

基本的なものは
ジャケットは必須です。

暑い夏の季節着ない方も
ちらほら見ますがマナー違反です。

一応フォーマルな場なので
アウターは必ずジャケットを
着るようにしてください。

またネクタイも外すのは
構いませんが会場に入るときは
きちんとつけて入るのが
マナーです。

二次会の服装で礼服と平服の違いってなに

平服とは普段日常で着ている服
ことをいうので二次会の場には
向いていません。

しかし平服でと指定があったり
デニムなどでドレスコードが
決まっている場合は少し考えて
コーディネートを考えましょう。

カジュアルの代表はデニムですが
二次会もフォーマルな場なので
暗めの色でノーダメージのもの
選ぶなど場を考えて決めて下さい。

また普段から着ている派手なシャツや
Tシャツも好ましくありません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は男性の二次会
カジュアルコーデをアイテムごと
詳しくお伝えしました。

マナーも細かくあり
大変ではありますが
恥ずかしい思いをしないよう
しっかり考えて
服装を選びましょう。

カジュアルで良いからといって
普段着と同じような格好で
行く方もいますが
招待されている身なので
少しでもおしゃれに見られるよう
考えてくるようにしましょう。

また二次会の服装やヘアスタイルの
女性版も記事があるので
参考にしてください。

⇒二次会の服装!女のカジュアルコーデはどこまで大丈夫か調査

⇒二次会のヘアアレンジ!ロングでも簡単にできるスタイルとは
二次会の服装は
とても難しいですが
わかる人にはわかるので
マナーがない恥ずかしい人に
ならないよう考えてください。